keyboard_arrow_right
憧れのサッカー選手のユニフォーム

憧れのサッカー選手のユニフォーム

6歳から16歳までの少年世代のなりたい職業に必ずランクインするようになったのが、世界で熱狂しているスポーツであるサッカーです。親も世界で活躍できる子供になってほしいとサッカー選手を希望していますが、ただ実際に子供をどうやってプロまで導いてあげればいいのかわからないということもあります。
小さなころは憧れの選手がいてそのサッカーユニフォームにあこがれるものです。サッカーユニフォームを先に買って気分をだすのも小さいころには重要な動機づけになります。

サッカー選手になるための第一歩は6歳から15歳までが重要

いざ子供をプロのサッカー選手にしたいと考えた時に、最初の段階は6歳から15歳までの間でどれだけ技術の積み重ねができるかにかかっています。6歳から15歳までの間は脳が成長段階なので吸収率が高く、その間にどんな状態でもサッカーの基本的技術が使えるようにします。
例えばドリブルであれば前を見ながら走れるように上体を立てながら足のアウトサイドでコントロールすることを覚えさせた後に、その応用で足の全体でボールをコントロールできるように練習を重ねます。そのほかの基本であるパスやトラップも本に書かれている基本の技術をマスターさせた後に、プロが行うような強いパスを前線に出すスルーパスや相手の意表を突くようなトラップを教えます。これらの技術を早くて6歳から12歳までに始めて最終的に15歳までに基本技術と応用の技術の習得を終わらせます。

1次の段階は身体的特徴に合わせてトレーニングする

6歳から15歳までに基本技術と応用の技術を終わらせたら後は忘れない程度に毎日1時間程度練習するだけのおさらいに留めて、次から行うのがサッカーにおいて大事なプレイスタイルの確立です。15歳から18歳までの間で人間の体は成長ホルモンの分泌が盛んになり子供の体から大人の体に切り替わる時期になるのですが、その間にこれまで差がなかった体の特徴がホルモン分泌の個人差によって次第に現れ始めます。例えば成長ホルモンによって160センチだった身長が175センチ以上の高身長になったり、身長以外では肉体の成長によって突然足が速くなったり人よりも長く走れるスタミナががついたりなどです。このように身体的特徴が現れだしたら、次の段階では身体的特徴にあったポジションを選び基本技術の中で必要な部分だけに特化して練習しプレイスタイルを作る作業に入ります。またこのころは体の成長が激しいので体に合ったサッカーユニフォームを常に用意しましょう。

プロの選手になるために親の覚悟も必要

サッカー選手になるための流れは6歳から15歳までの技術の習得と15歳以上からのプレイスタイルの確立で8割は完了します。しかしここまではプロのサッカー選手になりたい子供の意思によって成り立つものですが、残りの2割は子供をサッカー選手にさせたい親の覚悟が大事になります。プロのサッカー選手になるためには、どんなに才能があったとしてもプロのスカウトに見てもらう状況を作り出さなければならないです。そのためには中学校の部活動だけでなく地方のサッカークラブ活動に参加させて、その後高校の部活動でも県内外の強豪校もしくはプロのサッカーチームが設立しているユースチームに参加させる必要があります。これらをすべて行うとなると参加費や移動費を含めて多くの費用が掛かることになり、本当にプロの選手になってほしいと思うのであれば学業以外での子供への投資をする覚悟はあらかじめ持ち合わせておくことが必要です。